西川口萌え系メイドコスプレ専門風俗店 ファッションヘルスメイドin西川口「メイドイン西川口」営業時間 9:00〜24:00TEL048-250-4166 埼玉県川口市西川口1-10-10 楽園ビル5F

CONTENTS

  • 柏木みやび柏木みやび
  • 透き通るほどの白い肌!!モチモチ感たっぷりの弾力がある胸!!妖艶な顔立ちには気品溢れる笑顔が太陽の様に神々しく輝きます☆
新着情報(もっと見る)
  • 2018/8/17(金) 00:49
  • 日記
  • 鈴村ノエル」の日記を掲載しました。
  • 2018/8/17(金) 00:04
  • 日記
  • 南雲らら」の日記を掲載しました。
  • 2018/8/17(金) 00:07
  • 日記
  • 如月あいか」の日記を掲載しました。
  • 2018/8/16(木) 22:07
  • 日記
  • 相沢ひより」の日記を掲載しました。
  • 2018/8/16(木) 17:31
  • 日記
  • 鈴村ノエル」の日記を掲載しました。
  • 2018/8/16(木) 14:51
  • 日記
  • 南雲らら」の日記を掲載しました。
モバイルサイト
QRコード

メイド紹介

在籍一覧


雪平なの(ゆきひらなの)21歳/T.160/B.83(C)/W.57/H.83

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

PROFILEプロフィール

雪平なの(ゆきひらなの)

  • 年齢:21歳
  • 身長:160cm
  • スリーサイズ:B.83(C) W.57 H.83
  • 出勤日:TEL
  • 血液型:A
  • 出身地:関東
  • 前職:学生
  • たばこ:吸わない
  • タイプ:受け派
  • 性格:素直で照れ屋
  • チャームポイント:笑顔
  • マイブーム:絵を描く
  • 生orゴム:生
  • 特徴:敏感,スレンダー,美脚,童顔,
お店からのコメント
清楚で純朴なメイドさんの誕生です♪
フレッシュな魅力溢れる”なのちゃん”入店致しました!

温かみのある眼差しでしっかりと相手の目を見つめながら話を聞いて微笑む様はまさに女神(^^)ノ
しなやかで柔らかなスレンダーボディと形の良い美乳、引き締まった腰のくびれ、最高の『肌感』を容易に想像できます♪
優しく触られると敏感に反応してしまうそうで全身どこを触られても弱いんだとか。。。責めるのも得意になりたいとお勉強中です。

子供の頃から絵を描く事が大好きで第一次お絵描きブームから現在、第三次お絵描きブームになり、絵を描きたい衝動に駆られて暇な時間を見つけては描いたりしているようです。

日本の色んな都道府県に行ってみたいと目を輝かせながら語ってくれました。
上品清楚な雰囲気ながらとても素直で優しい性格の彼女との時間は至福のひとときとなるでしょう。

優しいご主人様のご予約お待ちしています。

まずは、出勤当日に、お近くにお越しの際お写真だけでもご覧に来てください!当日写真見学無料です。是非お立ち寄りください。

byひろふみ

top


SCHEDULEスケジュール

8月17日(金) 8月18日(土) 8月19日(日) 8月20日(月) 8月21日(火) 8月22日(水) 8月23日(木) その後の出勤
お休み お休み 13:00

20:00
お休み お休み お休み お休み 未定

※出勤予定は変更する場合がございますのでご来店前に必ずお電話でご確認ください

PLAY可能プレイ

ディープキス フェラ
全身舐め 玉舐め
素股 69
口内発射  

top


OPTION可能オプション

パンスト ショーツ
着たままコス 眼鏡
チェキポラ1枚 ピンクローター
バイブ ごっくん
オナニー 放尿
電マ  

top


口コミスッキリ桃色体験記

幸せな時間

投稿者 なのソン投稿日 : 2018年5月2日

一緒にいる時間は楽しく何分、何時間あっても足りないくらい。
くびれが美しく、プレイも最高!
素敵な名刺が花を添えます^−^
「あるある」タイトルの日記は、何度読み返しても面白い♪

投稿者チェックセレクト
タイプ
可愛い系、スレンダー、清楚、素人系、黒髪、美脚、美乳
キャラクター
話し上手、聞き上手、おっとり、明るい、優しい、面白い、恥ずかしがり
良かったプレイ
キス、フェラ、全身舐め、玉舐め

もっと見る
予約困難嬢

投稿者 なのちゃんファン投稿日 : 2018年4月22日

特筆すべきは日記ではないでしょうか?
彼女の日記は読み応えがあり、面白い。
どんな子なのだろうと気になり指名しました。

一緒にいると落ち着くような優しい雰囲気の女性でした。
それが彼女の魅力なのかなと思います。

愛嬌があり、恥ずかしがり屋な一面も可愛いです。
感じている声も可愛くエッチで興奮します。

投稿者チェックセレクト
タイプ
可愛い系、スレンダー、清楚、黒髪、美脚、美乳
キャラクター
話し上手、聞き上手、明るい、優しい、面白い、恥ずかしがり
良かったプレイ
フェラ

きらきらスマイル

投稿者 山田投稿日 : 2018年2月18日

何回か指名している者です。
なのちゃんは手を抜かない、一生懸命な態度を見せてくれます。
そして時間いっぱい一緒にいてくれるのは嬉しいですが店員に怒られないかとハラハラします(汗)
あのキラキラな笑顔をもっと見たいです。身体のラインがとても綺麗。

投稿者チェックセレクト
タイプ
スレンダー、清楚、素人系、癒し系、黒髪、美脚、美乳
キャラクター
話し上手、明るい、優しい、面白い、恥ずかしがり
良かったプレイ
キス、フェラ、その他

また会いに行きたくなる

投稿者 はしご酒投稿日 : 2018年1月19日

この業界には居そうに見えない。
優しくて明るくとても良い子でした。名刺、大事にするね!なのちゃんの笑顔は素敵!癒されます

投稿者チェックセレクト
タイプ
可愛い系、スレンダー、清楚、素人系、癒し系、黒髪
キャラクター
話し上手、聞き上手、明るい、優しい、面白い、天然、恥ずかしがり
良かったプレイ
フェラ

ENQUETEメイドQ&AメイドQ&A

Q1.何と呼ばれたい?
なの、なのちゃん
Q2.好きな食べ物は?
色々あります、書ききれません(*´ч`*)
Q3.好きなお菓子は?
ハードグミ、カリカリ梅
Q4.好きな音楽は?
ポップス
Q5.好きな映画は?
色々あります。
Q6.愛読書は?
ホラー系やラブストーリーなど
Q7.得意料理は?
オムライス
Q8.チャームポイントは?
言われるのは・・・笑顔です。
Q9.自分の性格を一言で言うと?
素直で照れ屋
Q10.マイブームは?
絵を描く〆(・ω・ )
Q11.大切なモノは?
手紙。ちょっとしたメモ程度でも嬉しくてとっておきます。
Q12.ストレス解消法は?
好きな事をして気分転換か、寝ます。
Q13.夢はありますか?
都道府県全て旅行してみたい!
Q14.休日は何をしていますか?
友達と遊んだり、買い物。家でのんびりもしますよ。
Q15.一番嬉しかった出来事は?
誕生日のサプライズo(*゚▽゚*)o
Q16.感動した出来事は?
友達の結婚式
Q17.好きな男性のタイプは?
感性が似てる人(*´-`*)
Q18.初めに男性のドコを見ますか?
雰囲気です(´∀`)
Q19.何フェチ?
手、スーツ
Q20.男性が可愛く思える時は?
嬉しそうにしたり、笑顔を見せてくれた時(つω`*)
Q21.思わずドキッとしちゃう男性の仕草は?
ネクタイを緩める、見つめられる、頭を撫でられるetc...(/ω\*)
Q22.男性に3つ求めるとしたら?
優しさ、包容力、男らしさ
Q23.男性下着の好きなタイプは?
特に拘りはありません(゚ロ゚)
Q24.自分はエッチだと思いますか?
・・・はい(///_///)
Q25.オナニーの方法は?
...。
Q26.Sですか?Mですか?
ソフトMです(´・ω・)
Q27.どんな一言に興奮しますか?
気になる方は直接聞いて下さい(////)
Q28.どんなキスが好きですか?
1回が長いより、短いのを何回も・・・の方が好きですね( *'ω' )
Q29.興奮するシチュエーションは?
気になる方は直接聞いてください(/////)
Q30.変態だなーって思う瞬間は?
すぐドキドキして濡れてしまう時(>_<)
Q31.責めと受けはどちらが得意ですか?
受けですが、責めも得意になりたいです。
Q32.胸をどうされると気持ちいいですか?
優しく舐めるか、揉まれると
Q33.アソコをどうされると気持ちいいですか?
優しく舐められたり焦らされると
Q34.性感帯はどこですか?
どこでも・・・
Q35.ずばり、濡れやすいですか?
そうです(´・ω・`)
Q36.メイドとして気を付けている事は?
奉仕の心と明るく元気よく

お客様に一言

テクニックに自信はありませんが・・・それでも、気持ちよかったと思ってもらえるよう色々教えていただきながら頑張りたいです!宜しくお願い致します(*´﹀`*)

top


日記

ささくれとか、足の小指ぶつけたとかちょっとしたケガは地味に痛い2018年08月05日20時31分

土曜日ご帰宅いただいたご主人様、アンケート書いてくれたご主人様、
プレゼント(お土産)くれたご主人様、
日記にいいねしてくれた方、

 
会いに来てくれた事だけでも嬉しいのに、
日記の感想を直接伝えてくれると嬉しさ倍増しますね
 
面白いは私にとって最高の褒め言葉です
 
 
もはや日記になっていない日記ですが、
読んでくれる方がちょっとでも楽しいと思えるような内容をこれからも書き続けていきます
 
 
 
 

 
 
 
 
前回の出勤前に検査に行こうと思っていたのでいつもより早く起きて家を出た私 ≡┏( ^o^)┛
 
 
寝ぼけていたからなのか、それとも暑さのせいなのか、
病院に着く手前で下着(上)を忘れていた事に気付きました(※要はノーブラ)
 
こんなの人生初ですよ
 
 
家出る前に気付きそうなものなのに、あの日は違和感無く呑気に家を出たんだから恐ろしいですね(笑)
 
 
今更取りに戻る事も出来ず、困った私はお店に行く前に西川口駅近くにある激安の殿堂へ走りましたレ(゚∀゚;)ヘ≡3≡3≡3
 
 
ご主人様はその店舗の下着コーナーって見た事・・・無いですよねすみません(^ω^;)
 
 
あそこに置いてある下着は何と言いますか、、、
 
 
ギラギラしてるんですよ(;´Д`)←語彙力
 
 
白もあるっちゃあるんですけど、ただの白じゃないんです
 
そして俗に言う盛ブラが殆ど
 
 

※画像はネットより転載※
 
結局何を言いたいかと言いますと、
 
私の趣味じゃn(殴)
 
 
 
そんなギラギライケイケな下着を着けてお店に行ったらなのちゃんどうしたw今日はなんだか攻めてるねw(;・∀・)ってなるじゃないですかヾ(・ω・`;)ノ(え
 
 
どうにか私が着ても大丈夫そうな下着を探し、唯一これなら・・・っていうのを購入しお店へ向かいました ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛
 
 
ご主人様の反応が気になってしょうがなかった私ですが、そんな心配は必要なかったですΣ(゚ω゚ノ)ノ
 
 
水着みたいっていう例え・・・的を射ていると思います、はい
 
 
私が勝手にバタバタしてた話ですが以後十分に気をつけます
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
この夏、新しいYDKを開催する事にしましたー
 
 
 
 
 
 
YDKって、
 

 
これの事?(・_・)と思ったそこのあなた
 
 
違います
 
 
(あ、いや違くないですし、むしろあっちが本物で正確ですがこの日記上では意味合いが違います(^^;))
 
 
私が塾に通い始めましたというお知らせでは無く、
 
Y  雪平なのの、
D  誰得
K  個人イベント


 
\\ 第二弾、はっじまっるよー //
 
っていうお知らせでございます
 
※記念すべき(?)第一弾のYDKについてはお手数ですが過去記事をご覧下さい※
 
 
イベント名を短くしようと最初に考えたYDKという略名は、全然意味が伝わらないのですぐになのイベ≠ノ改名しました(笑)
 
 
シンプルイズベストですよね、うん
 
 
 
今回は勢い余ってポスター的なものを作ってみました
 
 

 

 
コピックと色鉛筆で塗ったんですけど、
コピックは練習が必要ですね
 
 
まともにコピックを使って色塗りをしたのは初めてです
 
紙が合わないのか私の塗り方が下手なのか・・・はみ出まくりw
 
せっかくのコピックの良さを大々的に殺した塗り方をしてしまいました
 
お店のイベントの詳細画像をパクr・・・じゃなくて参考にしてそれっぽくしてみましたよ
 
 
 
 

 
なのイベ概要
 
期間 →  8月11日(土)〜9月末
対象 →  なのを選んでくれたご主人様
条件 →  なのイベで≠ニ伝える
注意 →  条件は私に直接伝えて下さい
                着用はシャワー後お部屋で行います
 

 
期間はあくまで予定です。
延期延長や期間前に終了する可能性もあります。
 
開催期間中、手書きポスターをお部屋に貼っておきますので直接なのに頼みにくい言いにくいよーというご主人様は、
ポスターを指さして「アレお願いとか言ってもらえればOKです
 
 
イベントの内容は本当の本当に大した事無いので過度の期待はしないでいただけると助かります
 
 
 

 
\ さーて、来週のなのイベは? /
 
なのです
 
この猛暑の中で力強く鳴く声と飛んでくるセミの姿を厄介だと思いますが、
そろそろ寿命のピークのようで地面に落ちているセミを見かける事が多くなってきました。
なんだか厄介者扱いしていたのが申し訳なくなってきます
 
 
まだまだ暑い日が続きますが熱中症には十分注意してご自愛くださいね
 
 
次回、
『 なの、立ち耳黒猫メイドになる 』
『尻尾は着けるかどうか迷い中』
『猫パンチは・・・出来るかも』の三本です。
 
 
そしてそして、、、
 
次の日記はいつもと少し違った感じで書こうかなと考え中です
 
挨拶とか本題前はいつも通りですが、
 
本題は私のちょっと不思議な体験談を書き綴ります〆(・ω・ )
 
夏ですから・・・ね?(・∀・)←意味深
 
急に日記のトーンが切り替わるので事前にお知らせしておきます。
 
 
 
 
次回の出勤は
8月11日(土) 11〜18時
(※いつもと時間帯が変わってますよー(」゚Д゚)」)
 
最後まで読んでいただきありがとうございました
 
 

 
 
雪平なの


帰宅後、一刻も早く服を脱ぎたいのに全然脱げなくて余計に暑くなる2018年07月31日00時10分

先々週の日曜日ご帰宅いただいたご主人様、
先週の日曜日ご帰宅いただいたご主人様、
アンケート書いてくれたご主人様、
お土産(プレゼント)くれたご主人様、
日記にいいねしてくれた方、

 
 

 
スイカの季節になりましたねー
 
 
頻繁に食べている私はそのうちスイカになりそうです
 
 
 
家族で今年初めてのスイカを食べると、父は決まって「なのは(小さい頃)スイカの緑の部分まで食ってたなー(笑)( ̄∇ ̄)」と言ってました(´・ω・`)
 
(※余談ですが、メロンにも同じ事をしていたそうです)
 
 
そのせいで、父にカブトムシと呼ばれていた私(´・ω・`)
 
 
あだ名だと笑って言ってたけど、
 明 ら か に 悪 口 w \(^o^)/
 
 
余程スイカが好きだったんでしょうね、幼少期の私
 
 
(まぁ、でも小さい頃はみんなそんなもんですよね?
 
皮の近くまでスイカ食べちゃいますよね?
 
・・・ね?←)
 
 
 
あ、もちろん今は緑の部分食べませんよ
 
 
だって美味しくな(ry
 
 
 
 
小さい頃は大きく切ってもらったスイカを両手で持ってかぶりつくのが定番でした
 
 
母が切ってくれたスイカを誰がどこの部分を食べるかで兄弟ケンカになっていた覚えがあります
 
 
(大人からすれば、たかがスイカ如きで┐(´д`)┌ヤレヤレ・・・と思うかもしれませんが、子供にとっては大きい問題。たかがスイカ、されどスイカなのです(?言?)←)
 
 
私達はいつも汚す&種を飛ばすからと、
スイカを食べる時は決まって外で食べていました
 
 
最初は何も考えずにむしゃむしゃ食べていたのでスイカの種をガリッと噛んでしまう事が多々ありましたね
 
その瞬間、ちょっとだけ気分が萎えるんですよ
だからその後は種を噛まないよう、さっきよりも軽めの力で恐る恐るスイカを噛むようにするのですが、、、
 
 
 
お、なんかもう普通に食べても大丈夫な気がする(・∀・)と調子に乗っていつも通り食べるとやっぱり噛んじゃうっていう
 
 
 
で、年齢と共にスイカの食べ方も変わっていきました。




大きく切って豪快に食べてこそスイカだ!・・・なーんて思っていたのに、
 
小さく切れば口の周りも汚れないしスイカが増えたような気がすると考え、何等分かに切り分けるようになり、
そのまま食べるんじゃなくてある程度箸や竹串を使い先に種を取り除いてから食べてみたりと・・・ちょっと学習するようになった私
 

 
 
 
まぁでも先に種を取り除くのは面倒臭くなって最終的にはそのまま食べちゃってたんですけどね(笑)
 
 
ただ、なんとなくですが種を噛まずに口の中で上手いこと調節するのは上達してきましたよ
 
何故そこまで種を気にしていたのかと言いますと・・・
 
 
 
 
 
(今思うとアホらしい話ですが、、、)
スイカの種を食べたらお腹からスイカが生えてくる
って言われてたから
 
 
 
・・・そ、想像すると結構怖くないですか?(;・∀・)アレ?ワタシダケ?
 
 
 
 
ちなみに塩はかけません
 
 
かけたことありますが、個人的にはそのまま食べた方が美味しかったので(^_^;)
 
 
あと、
スイカに当たり外れがあるって思うのは私だけでしょうか?
 
 
実際に私が思う当たり外れの食べてもらえれば分かると思うのですが、
 
 
当たりのスイカは噛むとサクって感じ
 
外れのスイカは噛むとシャワって感じ
 
 
・・・
 
 
   こ
 
(うぅ、、、なんか全然伝わってない気がするのがもどかしい(´Д`;))
 
ちなみにリンゴも同じ理屈で当たり外れがあります。
 
 
もさもさしてると言いますか、
味は同じでも食感が違うから食べてて違和感があるんですよ
 
しかも厄介な事にりんごは噛んでみないと分からないんですよね
スイカに関しては切った時の断面を見れば何となく当たりか外れか分かります(*`ω´*)(多分)
 
 
 
 
先程から繰り返しスイカスイカと書いていますが、スイカが1番好きな果物というわけではありません(え
 
(※スイカは果物的野菜らしいので、野菜か果物か白黒つけようとするのはやめましょう、ケンカヨクナイヨ(´・ω・`))
 
 
 
そういえば嫌いな果物って思いつかないや
 
好きな果物なら沢山思いつくんですけどね
それに順位を付けるのは難しいです
 
特に好きな果物を幾つか挙げますと、、、
・梨
・オレンジ
・アメリカンチェリー
・スイカ
・柿
・シャインマスカット
・八朔
・デコポン
・桃
です
 
 
ご主人様の好きな果物は何ですか?
 
 
 
次の出勤は
8月4日(土) 13〜21時
 

 
最後まで読んでいただきありがとうございました
 

 
雪平なの


比較的空いてるレジに並んだつもりが、いつの間にか隣のレジの方が進みが早かったりする2018年07月19日21時52分

先週の土曜日ご帰宅いただいたご主人様、
アンケート書いてくれたご主人様、
プレゼント(お土産)くれたご主人様、
日記にいいねしてくれた方、

 
 
 
ここ最近、一気に気温が上がって何をしてても暑いですよね
 
外に出たら地獄・・・そんな猛暑の中、家から出てここ(メイドin西川口)まで来てくれた事自体がもう、
 
 
あああああありがとうございますっ!

 
って感じです
 
 
私なんか、家を出て少し歩いたものの一旦引き返しましたからね←
 

 
更に書くと、こんな暑い中わざわざ足を運んでくれる方はいるのか考えていたくらいですよ
 
 
その日は少しでも快適に涼んでもらえたら良いなーとエアコンをリモコンでピッピと操作していたつもりですが、
冷房の調節下手すぎてごめんなさい
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
あの小さな部屋の中で、ご主人様と過ごす時間は私にとって特別で、貴重な事です
 
こういうお店は他に幾らでもあるし女の子だって星の数・・・か、どうかは謎ですがとにかく沢山居るわけで。
 
そんな中このお店に決めて、私を選んでくれる確率って結構低いと思うんです
 
 
生々しい話、お金だってかかります
 
 
限られた時間の中で、私はちゃんと出来てるのかな?満足してもらえたかな?嫌な事を言ったりしたりしてないかな?と、色々気にしたり考える事はあります
 
 
その反面、ご主人様と他愛のない話をして笑って、冗談を言い合ってふざけたり
 
(・・・相変わらず色気が無くてごめんなさい)
 
 
時間があっという間に過ぎるくらい楽しいなーって思います
 
 
ご主人様にぎゅーってしてもらうと、
なんと言いますか、こう・・・ほわほわーって気分になるんです←語彙力w(^p^)
 
 
ぎゅーってした後にお互いの距離が近いままで目が合うと、照れ隠しで思わず笑っちゃうのはクセです
 
 
やっぱり何回見つめられても慣れないから照れますよそりゃ←開き直り
 
 
それ以外でも、
特に何も言ってないのになんか楽しいなー、嬉しいなーって気持ちでへへっ(*´∀`*)て笑ってる事もあります
 
 
その時は結構な確率でご主人様も同じタイミングで笑ってるんですよ
 
 
 
そうすると、またぎゅーってされたくなります
(恥ずかしいので口には出しませんが(///_///))
 
 
何笑ってるんだコイツ(・д・)
っていう・・・笑顔じゃなくて苦笑だったらとんだ勘違いですねごめんなさい
 
 
 
 
 
あ、そうそう
 
 

 
8月9日はハグの日なんですって
 
 
ご主人様は、ハグをする日が月にどれくらいあるか考えた事はありますか?(・ω・* 三 *・ω・)
 
私は、月に3回か・・・4回ってとこです
 
 
ほら、
お店に行くとその時にご主人様がハグしてくれるじゃないでs(殴)
 
 
私の場合、ハグは挨拶の一環・・・そんな陽気なアメリカ人みたいに頻繁にハグする事なんて無いんです(^_^;)
 
だから(ハグの免疫が無いから(?))ご主人様にぎゅーってされるとドキドキしたり、恥ずかしくなったり、癒されたりするんです
 
 
 
※当たり前ですけど、誰に対してもそうなるわけではなく、話した事も無い人にいきなりハグされたら反応は全然違いますしむしろ嫌気しか無いですよ?
 
 
(恋人がいたり、家庭を持つ人であれば話はまた変わってくるんでしょうけど・・・壁|ω・`)チラッ
 
え?
 
なのはどうなんだって?( ゚ヮ゚)
 
 

 
 
 
 
 
・・・そこは察してあげてください(笑))
 
 
 
 

 
 
 
 
日記を書いてる途中に話題がコロコロ変わるので、
これからは本題に入る際書きたい内容を先に書く(ブログネタ風にする)事にしました
 
 
 
では、
 
今日のテーマはこちら
 
\ ででんっ! /
 

 
これは、私の記憶上だと2つあります。
 
 

 
1つは伝記漫画
 
 
 

 
もう1つはホットケーキです
 
 
 
伝記漫画との出会いは市立図書館でした。
 
父が時々、市立図書館へ本を借りに行くのを知った私は興味本位で着いて行ったんです。εε=(((((ノ・ω・)ノ
 
 
小学生向けの本のコーナーをブラブラしていた時に見つけたのが伝記漫画。
 
手に取り、パラパラーっと捲っていたつもりがいつ間にか集中して読んでいました。
 
結局、何冊か借りたうちの全てが伝記漫画。
 
 
それからというもの、
定期的に父と一緒に市立図書館に行っては伝記漫画を借り、自分の部屋や学校で読んでいました。
 
ここまでは良かったんですけど、
【読んでいた時の場所や読み方】がだんだんエスカレートしていき・・・
 
寝っ転がりながら部屋の明かりを暗くした状態で読んだり、通学中に読んだり。
 
通学途中に読むのは今思い返すと非常に危険で不思議な光景だったと思います
 
 

 
平成の二宮金次郎とでも呼んでくだs(殴)
 
 
その結果、
物凄い勢いで目が悪くなりました
 
 
 
 
ホットケーキに関しては、
おやつとして食べたりお昼ご飯の代わりに食べたり、もはや3食ホットケーキでも飽きないってくらいハマりにハマっていた時期の話。
 
作り方も簡単で材料も少ないし、お財布にも優しいから手軽に作れるのが良いですよね
 
その日は確か土曜日で、
いつものようにホットケーキ作りをしていましたヾ(●´∇`●)ノ
 
1枚目を食べて、2枚目を焼いていた途中、
なんか痒いなーと思ってフッと腕を見ると・・・
 
 
 
 
 
(((((゚д゚;ノノ
 
 
 
 
「えっ!?」
 
腕全体にびっしりと湿疹が出ていたのです
 
 
それは、腕だけでなく気づけば足にも顔にも
 
 
驚いた私はホットケーキそっちのけで、母の部屋に走りました。
 
凄い勢いで扉を開け飛び込むように登場した私。
 
「ちょ、ちょっとどうしたの?(;・ω・)」
 


「どうしよう体にボツボツ出来た・・・ヽ(;▽;)ノ」
 


「え、何!いつから?」
 


「さっき(/_<。)」
 


「あんた、足にも出てるじゃない!」
 
これは只事じゃないと、母は父を呼びました。




「・・・凄いなこれ。(・_・;)
なの。なんか心当たりあるか?」
 


「分かんない、さっきホットケーキ食べてただけなのに(;_;)」
 


「それじゃないの?(^_^;)」
 


「違うよ、だって今まではホットケーキ食べても全然普通だったし(>_<)」
 


「急にアレルギー症状出たんじゃないか?」
 


「えぇ・・・(´;ω;`)」
 
 
湿疹はなんとかしたい。
だけどもし、アレルギーなんて診断されたらもう大好きなホットケーキは食べれないかもしれない
 


そ れ は 困 る ! ! ヽ(´Д`;)ノ
 
 
病院に連れて行こうとする両親を、どうにか行かない方向に説得しようとする私(・∀・;)
 




「ごめん、やっぱり何でもないや(;゚∇゚)」
なんて気丈に振舞っても、体は正直です(^p^)
 
 
明らかに 何 で も な く あ り ま せ ん (笑)\(^o^)/
 
 
 
結局病院に行き、待合室で診察を待つ事に。
 
 
ホットケーキアレルギーになっちゃったらどうしよう・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。
神様、お願いだから私からホットケーキを奪わないで下さい(>人<;)
←本人は至って真面目です
 
そんな祈りを心の中で天に捧げました。
 
 
 
すると・・・
 
 
「ん?
なの、湿疹引いてないか?」
 
「え?(;・∀・)」


自分の手足を見ると、確かにさっきより湿疹の量が半分になっています( °_° )
 
で、時間が経てば経つほどどんどん湿疹は少なくなっていき・・・呼ばれた時には何事も無かったかのように治っていたのです(゜д゜)
 
これには、私達も診察しようとした先生も家で待っていた母もビックリ&首を傾げました。
 
私のホットケーキ愛が神様に届いたのかな?
 
 
それからというもの、ホットケーキを食べてもあの時のように体に異常は起きていません
 
なんかよく分かりませんがこれからもホットケーキは食べれるってことで一安心です
 
 
 
 
 
次回の出勤は、
7月22日(日)  13〜20時

 
 
 
 
 
・・・と、ここまで読んでくれた方にちょっとしたお知らせというかプチ情報
 
 
次の出勤からまた新たなメイド服になりますー
 
 
(前回まで着てたメイド服が黒で、生地もしっかりしてるタイプなので真夏には結構重たく見えると言いますか、
ハッキリ書くと暑苦しいかなーと感じたので、
爽やかなメイド服に衣替えしました
涼しくなってきたらまた黒のメイド服に戻るはずです(´∀`))
 
 
最後に、ちょっとだけネタバレ写真(ワンピースや付属品の寄せ集め尚且つ接写画像)を貼ります
 
 

 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました
 
 

 
 
雪平なの


おにぎりの海苔が口の中に張り付いてしまう事があり、それは地味に取りにくい【後編】2018年07月06日00時44分

先週の土曜日ご帰宅いただいたご主人様、
アンケート書いてくれたご主人様、
お土産(プレゼント)くれたご主人様、
日記にいいねしてくれた方、
 
 
前回の日記で書いた通り、某ショッピングセンターで迷子になった私。
 
その迷子(的なもの)は一度ではありませんでした
 
 
 
 
 
────動いていなくても自然と汗ばむ、うだるような暑さが続いていたある日。
 
 
朝からなの(7、8歳頃)は自宅前で黙々とポンプを使い、ビニールボートに空気を送り込んでいました。
 
 
ひたすら力を込めて片足を上下する作業にヒーヒー、ゼーゼー言う私。ピーピー鳴るポンプ。
 
どんなにポンプを踏んでもビニールボートは私の頑張りを嘲笑うかのように、全然膨らんではくれません。
 
このままじゃ出来た頃には日が暮れるよ(;´Д`)
 
ヤケになった私は、これでもか(,,#゚Д゚)という勢いで踏み続けます。
 
 
 
「どうだ?結構膨らんだか?(・ω・)」
 
様子を見に来た父は、私の返答を待たずとも残念な状況を察しました。
 
「・・・よし、ブロアー使うか( ̄▽ ̄)


「え!?wwwwΣ(゚д゚;)」


 
最初から使えばよかったのに\(^o^)/
 
そんなツッコミが今読んでくれている方から聞こえてきそうですが、
 
1番そう思ったのは紛れもなく私ですw(^p^)
 
 
最強の送風道具のおかげで、日が暮れるんじゃないかと心配していた作業は短時間で終了ε-(´∀`*)
 
 


ずっと直射日光にあたりながらの作業後だと、汗が凄いんじゃない?(^_^;)
 
・・・いえ、そんな事はありません(`・ω・´)
 
 
私は(汗をかくことはかきますが、)人より汗が出にくい=体内に熱を溜め込む体質なんですよ( ̄▽ ̄;)
 
そんなわけで、見た目からは暑い事が伝わりにくく困っています(´・ω・`)
 
そんな私のちょっと残念な体質事情はさておき、
 
自宅に戻り、アイスを食べようと台所へ向かうと、
台所では母がテンポよく食材を切っている最中でした。
 
「あら、もう終わったの?」
 
「うん お父さんがブロアー使ったから(^ω^;)
そんな事より暑いよー・・・ アイス食べていい?」
 
「良いけど・・・小さいの(ファミリーパック)にしなさいね?('A`)」
 
「はーい(^o^)/」
 
アイスを食べ終わると、今度は母のお手伝いをします。(※つまみ食い付き(笑))
 
 
 
 
どうして朝から色々準備しているのかと言いますと、
 
その日は友達家族と海水浴へ行く日だったから。
 
 
お弁当も作り終わり、浮き輪にビニールボート・・・その他諸々も準備完了。
 
 
車に乗り込みいざ海水浴場へしゅっぱーつε=(((((ノ・ω・)ノ
 
 
先に友達家族が到着していたようで、挨拶もそこそこに砂浜の上へレジャーシートを敷き、
テントを組み立てました。
 
私も友達も服の下にスクール水着を着用していたので、その場でささっと服を脱ぎ準備万端。
 

 
「砂浜あっつ!wwΣ(´Д`;)」
 
素足で砂浜の上に立つのはちょっとした罰ゲームだと思います(笑)
 
すぐにレジャーシートの上へ避難。
 
でも早く海に行きたい入りたい!(>_<)
 
ええい、構うものかと2人でわーっと海に向かって走った直後、
 
「こら!浮き輪持っていきなさい(`A´)」
と母に怒られ、渋々浮き輪を体に通しました。
 
浮き輪を装備したので今度こそ海へ入ります。
 
 
 
 
しばらくすると、浜辺からビニールボートを引き連れこっちに向かってくる父の姿が見えました。
 
「あ!多分私たちをアレに乗せてくれると思うよ( p゚∀゚q)」
 
「ほんと!?あたし乗ったことないから楽しみ\( *>ω<*)/」
 
「そうなの?Σ(゚ω゚ノ)ノ  お父さん、漕ぐの上手だしスピードも出るんだよー(≧ω≦*)」
 
「おーい、2人とも。乗れ乗れー(  ̄0 ̄)」
 
「はーーい(´>∀<`)」
 
私達が乗ると、父はある程度の深さがある所まで歩いてボートを引っ張り、そして乗り込みました。
 
 
 
グッと力を入れてオールを漕ぐ父。
どんどん元いた場所から遠ざかって行きます。
 
「早いはやーい(゚∀゚)!!」
 
「でしょー( ̄∀ ̄)」
 
「何でお前が誇らしげなんだよw( ̄▽ ̄;)」
 
「あはは(´∇`)」
 
「ちなみに、寝っ転がってみると気持ち良いよ☆」
 
私がビニールボートの縁を枕替わりにして仰向けに寝転ぶと、友達も真似して寝転びます。
 
「あ!空が綺麗(((o(*゚▽゚*)o)))」
 
その日は雲一つ無い、まさに快晴でした。
 
 
しばしの間、ビニールボートを楽しんだ私達。
 
 
 
 
浜辺へ戻ると、母が友達のお母さんやお父さんと一緒にBBQの準備の真っ最中でした。
 
みんなでお昼ご飯を食べた後は、私は友達と砂浜で定番のトンネルを作ったり、掘った穴に海水を入れて温泉ごっこしたり・・・ほのぼのした時間を過ごしていたのですが、
友達が急にこんな事を言い始めました。
 
 
「なのパパは凄いね。あたしのパパなんて、そもそも泳げないし・・・(;−ω−)
ボート、すごく楽しかったなぁー。また乗りたいなー(∩´∀`)∩」
 
「お父さん、今寝てるけど・・・でも起きたら言えば連れってくれるよ(・∀・)」
 
「ちなみに・・・なのは漕げないの?」


「え?(^ω^;)」
 
(実は、父に頼んでオールの漕ぎ方を少しだけ教わった事はありますが、まだまだ一人前とは程遠いレベルでした。)
 
「ちょっとだけ漕いだ事はあるけど・・・(^ω^;)」
 
「なら、なのが漕いで連れてってよ+(0゚・∀・)+」
 
「えぇ、私じゃスピード出ないし、お父さんが起きてからじゃダメ?(;・∀・)」
 
「だっていつ起きるか分かんないじゃん(´-ε-`)
それに、ちょっとずつ曇ってきたし天気悪くなったら乗れなくなっちゃうもん(´・ω・`)」
 
「まぁ、そうだけど・・・」
 
「あたし、もっと奥に行ってみたい!\( *>ω<*)/
向こうにちっちゃい島みたいなのが見えたし、あそこに行けたら楽しそう(σ゚∀゚)σ」
 
ちっちゃい島みたいな岩場は、父も気づいていたんですけど近づかなかったんですよね。
 
私達2人だけでボートに乗って大丈夫かな?という不安はありましたが、
友達の話を聞いていると不安よりワクワクの方が大きくなっていきました。
 


あの海の向こうにはどんな世界が広がっているんだろう?


 
なんて、
 

 
海賊王になる事を目指し、仲間とともに紆余曲折な冒険をする・・・そんな某能力者みたいな事を考え始める私+(0゚・∀・)+←
 
 
 
 
 
母達はレジャーシートの上で談笑中。
父はテントの中で寝ています。
 
こちらの様子を見てなさそうなので、こっそりビニールボートを海に浮かべ・・・
 
 
 
 
 
いざ、グランドラインへ!!(`・∀・´)←違います
 
 
 
 
父のように2つのオールを片手ずつ持って漕ぐのはさすがに出来ないので、1つのオールを両手で持ち左右交互に漕いでいきます。
 
父の2分の1・・・いや、3分の1程度のスピードでフラフラと進むビニールボート。
 
「ちっちゃい島みたいなのって、そんな遠かったっけ?」
 
「うーん・・・そんな遠くなかった気がするんだけど(;´・ω・)」
 
そんな事を話しながらしばらく漕ぐと、向こうにそれらしきものが見えました。
 
「あ!あれだ!」
 
が、しかし・・・
 
 
 
 
遠くから見ていたうちは気づきませんでしたが、近くで見ると足場になりそうな所が少なく降りたとしても特に何もなさそうです。
 
ちらっと友達を見ると、考えていることは同じようで、
 
「引き返そっか(^_^;)」


「そだね(^_^;)」
 
Uターンしようとしたその時、
 
 
 
ザザッ!!


 
 
「?!」
 
「あ、ちょっとぶつかっちゃった(;・∀・)」
 
ビニールボートが岩場の一部に擦れるようにぶつかりましたが、特に目立った外傷は無いので気にせず進みます。
 
私と友達は引き返す前に一旦休憩と称してその場に寝転びました。
 
「なんか・・・どんどん天気悪くなってきたね」
 
「あっちの方、雲が黒いもん(;・∀・)」
 
「ほんとだー(´ヮ`;)」
 
「お昼前は凄く晴れてたのにね」
 
なんて、呑気な事を言っていると黒い雲は私達が居る方向に近づいてきて、風もちょっと強めに吹いてきました。
 
「早く引き返そう?ヾ(・ω・`;)ノ」
 
「うん。
・・・って、あーーー!!!!(((((゚д゚;ノノ
 
「何?!」
















 
「オールが無い!!」
 
さっきまでビニールボートに引っ掛けておいたはずのオールがいつの間にか消えていたのです。
 
片方は浜辺に置いてきたので消えたオールを見つけないと漕ぐすべがありません。
 
すぐさま、辺りを見回しオールを探します。


「見つけた!」
 
「どこ?(´Д`;)」
 
友達が「あれ!」と指さした方向には確かにそれが浮かんでいました。
 
オールまでの距離は5〜6メートル程。
 
風のせいで、穏やかだった波はどんどん騒ぎ始めています。


「どうしよう・・・」
 
「・・・取りに行ってくるから、かのんちゃんはここで待ってて(`・∀・´)」
 
「えっ」
 
「大丈夫。私泳げるもん(`・д・´)」
 
これでも、当時は水泳大会で代表に選ばれたくらいの実力がある私。
案の定浮き輪は置いて来ましたが、数メートル程度の距離なら全然いけると思っていました。
 
 
「ダメだよ!」
 
「え?大丈夫だよ?(^ω^;)」
 
ハッキリとした口調で否定する友達に動揺しつつ、それでも私は行くと言うのですが、
 
「プールとは違うんだよ?足つかないし、底見えないくらい深いし!(>_<)それでもし・・・なのが死んじゃったらヤダ!(´;Д;`)」
 
私の腕をぎゅっと掴み、友達は必死で抵抗します。
 
「・・・。」
 
さっきまで、なんの怖さも無かった海ですが、
友達の話を聞いてから改めて見た海は感じ方が全然違います。
 
そうこうしているうちに、オールはどんどん私達から遠ざかって行き、
ついには見失ってしまいました。
 
 
 
それに加えて、ビニールボートも浜辺とは逆方向へと流されていきます。
 
流されないよう必死に手で漕ぎ抵抗しますが、
全くと言っていいほど効果はありません。
 
 
「なの・・・ごめんね
あたしがワガママ言ったから(>_<。)」
 
「ううん。私がちゃんとオールを掴んでたらそのまま帰れたのに・・・。私こそごめんね(´・д・`) 」
 
「どうしよう・・・。パパもママもあたし達が居なくなったって探してるよね?」


「・・・。」








私達には(凄く小さくだけど)浜辺が見えるのに・・・
きっとあそこら辺にお父さんとお母さんがいるはずなのに・・・。
お父さん達には・・・私が見えないんだ・・・。







「おとーさぁああああん!!おかーさぁあああん!!」
 
居ても立ってもいられず急に叫び出した私に、友達は驚いてた様子でしたが、すぐに友達も自分の両親の名を叫びました。
 
「パパーーーー!!(´;Д;`)ママーー!!!助けてーー!!(´;Д;`)
 
気づいてほしい、助けてほしい・・・そんな願いを込めて何度も叫びましたが、
 
何故か突然友達は叫ぶのをやめて、辺りをキョロキョロと見回し始めます。
 
「?  どうしたn「しーっ!」
 
私が言い終わる前に友達は小声でそう言いました。
 
・・・気のせいかもしれないんだけど・・・
ボート、最初より小さくなった?(・ω・`;)
 
「へ!?」
 
そう言われてみれば、最初はパンパンに膨らんでいたボートの縁がちょっと萎んでいるように見えます。
 
そして思い出すのは岩場でのUターン。
 
「あの時もしかして・・・」
 
このままだとビニールボートは沈んでしまう!
 
もうそう考えただけでパニックです。
 
穴を塞ぐにも、どこから空気が漏れているのか分かりませんでした。
 
 
先程以上に、必死に叫び続けます。
それは叫び過ぎて今にも声が枯れてしまいそうな勢いです。
 
 
 
 
 
 
すると・・・
 
 
 
 
 
 
 
こちらに向かってくるように泳ぐ、誰かの姿が見えました。
 
(もしかして)お、お父さん・・・?」
 
そうだよ!
絶対そう!なのパパだよ!!(;▽;)」




 
その誰かはどんどん近づいてきて、
ビニールボートのすぐ手前で水面から顔を出しました。
 
「はぁ、はぁ・・・大丈夫か!怪我は無いか?」




「・・・(´;ω;`)お父さん・・・ごめんなさい、ごめんなさぁあああい(´;Д;`)」


 
「怒るのは後だ。とにかく無事でよかった」
 
戻るぞと言って、父はボートを浜辺の方向に引っ張りながら泳ぎました。
 
 
その後、父にはこっぴどく叱られ、心配のあまり母を泣かせてしまい凄く反省(後悔)したのを覚えています。
 
 
そんなわけで、両親に心配と迷惑をかけてしまったという話ですが、これは迷子というか・・・遭難?(^ω^;)
 
 
 

 
そういえば現在ビキニにカチューシャでお出迎えイベントが開催中ですね
 
 
私、今週は出勤しないのでイベント不参加ですが(え
 
 
 
・・・いや、べっ別にアレですよ?
 
ビキニでお出迎えが恥ずかし過ぎて出来ないとかそういうわけじゃないですからね
 
(※人生で一度もビキニなんて着たことない&私のビキニ姿なんて需要無いと思いますしごにょごにょ・・・)
 
そもそも今週は女の子週間に入りそうなんですよね
 
 
女の子週間でなければ行けたんですけど・・・あー、トテモザンネンダナー( 'ω')←←
 
 
 
 
次回の出勤は
7月14日(土) 13〜21時

 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました
 
 

 
 
雪平なの


おにぎりの海苔が口の中に張り付いてしまう事があり、それは地味に取りにくい2018年06月25日22時03分


 
先々週の土曜日と
先週の日曜日ご帰宅いただいたご主人様、
アンケート書いてくれたご主人様、
プレゼント(お土産)くれたご主人様、
日記にいいねしてくれた方、

 
 
 
 
誰しも、嫌な事や悲しい事辛い事があって、気分が沈むような日ってあると思います(´・ω・`)
 
もちろん私にもそういう日はあって、
(あからさまに沈んでたらせっかくのご主人様の時間を台無しにしちゃうので見せないようにしていますが)そんな日でも、ご主人様との時間を過ごすと元気をもらえるので沈んでた気持ちが浮くような気になります
 
 
 
ご主人様にも、そんな日があるのかな?
 
 
そんな時、私に会ったことで少しだけも・・・1ミリ、
いや、(なのだけに(笑))1ナノメートルでも元気になったと思ってくれたら良いなって考えます
 
 
まぁ、でも不安な気持ちや悲しい気持ち、
寂しい気持ちや辛いなって思う気持ちがちょっとでも軽くなるように、
忘れられるように・・・何が出来るかって言ったら正直分かりません(ヾノ・ω・`)(え
 
 
 
分からないけど、
分からないからこそ自分が何かしたり言ったことによって相手が笑ってくれるとそれだけで嬉しいし、幸せな気持ちになります
 
 
 
時々、私と一緒に食べる為に何か持ってきていただいてるご主人様がいらっしゃいまして、
お話しながらまったりとした時間を過ごせるのはとてもありがたい&嬉しいです
 
 
 
気の持ちようかと思いましたが、
1人で食べるより誰かと一緒に食べた方が美味しく感じるって科学的根拠あるみたいですよ
 
 
貰ってばかりじゃ申し訳ないので私も何かお渡ししたいところですが・・・うーん、何が良いのでしょうか?
 
そもそもお渡しする事自体お店としてはOKなのかNGなのか分からず、何も渡さない(渡せない)まま今日に至ります
 
 
 
 
あと、名刺をお渡し出来なかったご主人様・・・大変申し訳ございません
 
 
 
気付けばお絵描き名刺のストックが無くなってました
 
 
補充しないと(*`・ω・´)
 
 
(※既にお渡ししたご主人様はご存知の通り、
私は何枚か描いた名刺から選んでもらうスタイルでお渡ししているんです)
 
もしもまた私を選んでくれた際にはお渡しのリベンジをさせて下さい
 
 
 
 
日記読んでるよー(´∀`)っていう報告もありがとうございます、励みになります
 
Web上で公開してるからには読んでくれる人が居てこその日記だと思うので
 
 
日記をキッカケに、なのを選んでみたよーってご主人様いらっしゃいますか?(=゚ω゚)ノ
 
 
 
 
・・・・・・・・(゚Д゚三゚Д゚ )
 
 
 
 
なのはどうでも良いけど日記は読んでるよー(´∇`)σって人の方が圧倒的に多い気がするのは気のせいでしょうか(笑)(・ω・ )(・ω・ )
 
 
 
 
 
相も変わらず全年齢対象な長文日記(お色気一切無し)ですが、それでも楽しみにしてくれている方が居る限り続けていきますよ
 
 
正体不明の変な奴ですがこれからもどうぞ宜しくお願い致します
 
 
 
 
 

 
 
 
 
突然ですが、
 
迷子になった事はありますか?
 
 
 
私はあります
 
 
 
 
迷子になった本人(なの)はなんとなーくでしか覚えていないんですけど、探した方(なの母)は鮮明に覚えているそうで
 
 
 
 
話は私が4歳くらいの頃に遡ります─────。
 
 
 
この辺りでは1番大きいショッピングセンターに家族で来ていたある日の事。
 
 
洋服などを一通り見てお昼を食べた後に、ゲームコーナーで遊んでいました
 
 
母は「明日のご飯の材料買いに行ってくるから、ここで遊んでいてねと言い残し地下の食品売り場へ。
 
父は、歩き疲れたのかゲームコーナー付近のベンチで仮眠中
 
 
 
母の言う通り、年の離れた兄とゲームコーナーで遊んでいた・・・つもりだったのですが、
ひょんな事から兄弟喧嘩勃発
 
 
泣いた私は兄の事を告げ口しようと寝ている父の元へ向かいましたが(必殺、下の子特権お父さんに言ってやるー作戦(笑))、寝ぼけ眼だった父の反応は鈍く、不発に終わりました
 
 
 
このままじゃ気が済まないと、
今度は母の元へ走ります。
 
 
でもここはとっても広いデパートの中。
 
 
怒りに身を任せて夢中で走っていたから気に留めませんでしたが、ふと我に返ると周りは知らない人ばかり
 
そんな状況に気づいた私の足は自然と元いたゲームコーナーへ。
 
が・・・
 
 
 
 
「あれ?(´・ω・`)


・・・お父さん?・・・お兄ちゃん?(´・△・`)
 
 
か細い独り言は、誰にも聞こえてはいません。
 
不安が確信に変わった時、
鼓動は聞こえるくらい激しくなっていました。
 
 
何度ゲームコーナーを往復しても状況は変わらず、
楽しそうに遊んでいる他の家族や兄弟を見ていると、涙がまた溢れてきます。




私・・・置いてかれたの?( ; _ ; )
 
 
静かに泣いていると、
見知らぬ家族が声をかけてくれました。
 
そしてその家族はデパートの定員さんを呼んでくれて、店員さんに連れられ迷子センターへ移動した私(´・ω・`)
 
その後、何やかんやで無事に家族と再開できたらしいのですが・・・
 
 
 
「迷子の放送とかやってたの?
全然覚えてないけど
 
「放送されたよ(^ω^;)
けど、あんた・・・間違えるからお母さん恥ずかしかったわ( ̄▽ ̄;)(笑)」
 
 
「え?間違えた??(゜д゜)
 
母が言う間違えた放送それは・・・
 
 
《♪ピンポンパンポーーン》
 
『迷子のお知らせを致します。
ただいま迷子センターにて○○市からお越しのかなちゃんをお預かりしています。服装は、○○に○○の・・・
お連れ様の、なの様は至急迷子センターまでお越し下さい。
繰り返します・・・』
 
 
 
 
 
母 が 迷 子 に な っ て た w \(^o^)/
 
 
 
 
 
急いで私を迎えに行った母は、帰り際私に迷子放送の様子を聞いていたそうで、
 
 
「迷子になったのはあんたでしょw(;´Д`)
何でお母さんの名前を言ったの?σ( ̄∇ ̄;)
 
 
「だって・・・私がお母さんを探してたんだもん(´;Д;`)
 
「??(;・д・)」
 
※どうやら、迷子になったのは自分だけど探してるのも自分だからそれがごっちゃになり、
ああいう放送なったようです(^ω^;)
 
ちなみに、父と兄は私を置いて行ったのではなく、私が居ないことに気づき2人で探し回っていたそうです。
 
 


迷子はその1回だけ?(;¬_¬)
 
 
そう思った方は鋭いですねΣ(゚ω゚ノ)ノ
 
 
あと1回だけありました(;・∀・)(小声)
 
それを迷子って言うのか微妙なとこではありますが、、、。
 
 
どんな迷子かって?
 
 
それは・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
(引っ張る程の話じゃ無いのですが長くなっちゃいそうなので一旦切ります(^ω^;))
 
次回の出勤は
6月30日(土) 13〜21時

 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました
 
 
 

 
 
 
雪平なの


治療中の歯より、風をあてられ乾燥した唇を引っ張られている事の方が痛い2018年06月14日00時07分

先週の日曜日ご帰宅いただいたご主人様、
アンケート書いてくれたご主人様、
お土産(プレゼント)してくれたご主人様、
日記にいいねしてくれた方、

 
前回の日記に載せた、
 

 
↑↑これが、
 
 
 
 
 
 
 

 
※画像タッチ(クリック)で大きくなります
 
アラレちゃんを追加で描き清書して、
 
 
 
 
 
 
 
 

 
色を塗って・・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
完成しましたーーー
 
 
・・・ええっと、どうでしょう?
 
スケッチブックに描くのは普通の紙に描くのと違うんだったーって事を色を塗り始めてから思い出しました
 
サラサラっと軽い力で塗り潰そうとするとスケッチブックのザラザラな紙質が浮き出てくるんですよね
 
それなりに描けたつもりではいるんですけど、
シャンプーの色塗りをやり直したい←※らんま1/2はシャンプーが1番好き
 
嗚呼、どうして好きなキャラほど上手く描けないんでしょうか
 
 
 
今回描いたアニメキャラの、なの的認知度を5段階で表すとこんな感じです
 
 

 
私の認知度はどうでもいい\(^o^)/ですが、
ご主人様の反応は気になるので・・・ちゃっかりお部屋に貼ってました
 
 
(日曜日、反応してくれた優しいご主人様、ありがとうございます)
 
次の出勤時にもこっそり貼りたいなーと思っているのはここだけの秘密(笑)
 
 
ずっと貼ってるのもしつこいかなと思いますし、次の出勤限定にするので見逃してください←
 

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
さて、
タイトルにある一文は私が歯医者に行った際に思う事です
 
治療中、唇がカッサカサになるのでそれを防ぐ為、受診前にメンソレータム的な透明リップを塗っても、やはり途中から乾燥してきます
 
 
で、その状態でグイッと唇を引っ張られるのでそれが1番痛いんですよ(個人的に)
 
引っ張らなくても治療出来るように顎が外れる勢いで(笑)口を開けたとしても、
やっぱり奥歯だと見えない(器具が入らない)ようで引っ張られます
 
 
歯医者さんが使うキュイーーーーンって鳴る器具が苦手って人多いと思うんですけど、
私はその音よりブロワーの風の方が厄介です
 
 
 
 
 
 
って・・・あれ?( ゚д゚)
 
 
 
 

 
 
多分(いや絶対)名前違いますよね?(;・∀・)
 
だってブロワーと言ったら、、、
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
これで口に風をあてたら になっちゃうw(;´Д`)
 
調べたところ、風や水が出てくるアレ≠ヘどうやら3WAYシリンジという名前だそうです
 
 
 
歯科助手のお姉さんや、先生が「痛かったら手を挙げて教えて下さいねー(^ω^)」と言ってくれるんですけど、
「先生が引っ張ってるその手が痛いんですとは言えず・・・痛みに耐えてます(;´∀`)(笑)
 
(※その行為は致し方ないし、治療してもらってる立場なので(;・∀・))
 
 
 
あと、不思議なのが治療中に話しかけられた際、
質問の内容的に【はいorいいえ】(つまり頷きか首振り)で答えられない場合喋らなきゃいけないと思うんですけど、
 
その時に私が口を閉じたり開いたりするタイミングで先生の手が滑り全然違う方向に器具が動いて口の中が大惨事になったらどうしよう・・・
 
 
なんて、勝手に物凄い心配になるんですよ(え
 
だから極力口を閉じないように喋ってます(^p^)
 
(※それだと変な喋り方になるから結局伝わってない気がするw)
 
 
何か聞きたい事があるならば、
その器具を口から一旦離して(またはスイッチを止めて)からにしてもらえれば良いんじゃないかなー・・・(´・ω・`)とチキンな私は思いました(笑)
 
でも、そんな鋭利な器具は取り扱ってないのでしょうか
 
冷静に考えたら、
そんなに危険であれば医療事故起こりまくりますよね  
 
 
じっとするのが苦手なちびっ子が患者さんの場合、先生はどう対応してるのか気になるところです
 
(たまに、『えっ、何が起きたってくらいの泣き声、、、いや、泣き叫び声が聞こえるので・・・先生も大変だし子供も大変ですよね(;´∀`))
 
 
 
ところで、治療中されてる時目は開けますか?閉じますか?
 
 
私は・・・開けてます。
 
でも、そのまま真っ直ぐ前を向いていたら先生や歯科助手さんと目が合うので合わせないように全然違う方向を向きます(;・∀・)
 
 
なんか、目が合っちゃったら向こうもやりにくいだろうしこっちも恥ずかしいので(;・∀・)(え
 
まぁ、先生達は然程気にしてないのかもしれないですけど
 
 
 
次回の出勤は
6月16日(土) 13〜21時

 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました
 
 

 
 
雪平なの


>>雪平なのさんの日記をもっと見る

女性一覧